エイジングケアをいつから始めたら良いのかわからないと悩んでいる方は少なくないでしょう。

エイジングケアは自分の肌に適したケアを行っていくことが大事で、それは年齢に応じたケアを指します。

エリクシールルフレはファーストエイジングケアアイテムとして販売されましたが、対象年齢はあるのでしょうか。

エリクシールルフレの対象年齢とは?

ファーストエイジングケアはいつから始めたら良いのか迷っている方必見です。

エリクシールルフレの対象年齢を知っておこう!

資生堂のブランドであるエリクシールからは、様々な商品が販売されています。

そのエリクシールの中でも最近話題となっているのがエリクシールルフレです。

エリクシールルフレはファーストエイジングケアとしての位置づけがされているため、エイジングケアに興味があるけれど何から始めたら良いのかわからないという方でも手に取りやすくなっていますね。

そんなエリクシールルフレには対象年齢は設けられているのでしょうか。

対象年齢を見るにはそのブランドの広告を務めている人が誰なのかをまずヒントにすることです。

広告を務めている人はそのブランドの対象年齢となる年代と同年代を起用し、ブランドが目指す肌の持ち主を採用していることがほとんどです。

エリクシールルフレの広告を務めているのは20代の吉岡里帆さんです。

透明感があり健康的なイメージのある吉岡里帆さんはまさにファーストエイジングケア商品であるエリクシールルフレにふさわしいと言えますね。

吉岡里帆さんは20代ですが、エリクシールルフレの対象年齢も20代~30代前半とされています。

20代~30代前半はまだエイジングケアは早いかな?と感じる年代、将来の自分の肌への不安を解消させたいという年代でもありますよね。

エイジングケアというと多くのアイテムを使う必要があるのでは?とも考えがちですが、エリクシールルフレは化粧水と乳液、洗顔料のシンプルなケアを提案しています。

対象年齢に合わせたケアの提案をすることで、対象年齢である20代~30代前半でも手に取りやすい状況を作っているということになりますね。

対象年齢に当てはまる方の口コミは?

では実際にエリクシールルフレの対象年齢とされている20代~30代前半の方は、エリクシールルフレを使ってみてどう感じているのでしょうか。

エリクシールルフレが肌に合うと感じられているのか、それともまだエイジングケアは早かったようだと感じているのかなどを見てみましょう。

チェック1:良い口コミ
◎黒ずみ毛穴に効果あり、今まで使ってきた化粧水の中でも良かった(20代/化粧水)
◎さっぱりした使い心地で毛穴がキュッと引き締まるのを実感できる(30代/化粧水)
◎コットンで化粧水をつけると“つや玉”ができて感激!(20代/化粧水)
◎付け心地が軽く、乳液とUVケア、下地が一本で済むのが嬉しい(20代/朝用乳液)
◎粉っぽくならず素肌が綺麗な感じを出せるのでとても良い(20代/朝用乳液)
◎伸びが良く、透明感とツヤを実感出来て良い(30代/朝用乳液)

化粧水と朝用乳液の良い口コミを見てみると、毛穴に対する効果や使用感の良さを評価している方が多くいることがわかります。

チェック2:悪い口コミ
◎保湿の持続があまりしない、プチプラのものと大差なく感じてしまった(20代/化粧水)
◎肌の調子が変わった感じはなく、コットン使用だと全然潤わない(20代/化粧水)
◎サラサラとした感触は良いが、鼻や頬が乾燥して皮むけしてしまった(30代/化粧水)
◎“おしろい”効果に期待していたがそれが実感できず残念(20代/朝用乳液)
◎下地として使ったらファンデが崩れてしまった(20代/朝用乳液)
◎小さい子供がいるから一つで済むなら!と思ったが潤いが物足りない(30代/朝用乳液)

このように悪い口コミもチェックしてみると、使用感は良いものの効果に対して物足りなさを感じているという声もありました。

良い口コミも悪い口コミも対象年齢となる年齢の口コミのみをチェックしてみましたが、対象年齢であっても口コミには差があるという結果となりました。

自分の肌に合うかどうかは実際に試してみるのが良いかもしれませんね。